妊婦は便秘になりやすい

元々、男性に比べて女性は便秘になりやすいと言われています。
男性は下痢で、女性は便秘ということです。

女性が便秘になりやすいというのは身体の構造上の理由からです。
生理前になると黄体ホルモンが分泌され腸の蠕動運動を抑制する
ため便秘になります。

これが妊娠するとさらに便秘になりやすくなります。
女性は、便秘気味の人が多いため普段から便秘薬を飲んでいる人
も多いのですが、妊娠すると胎児の影響を考えて安易に便秘薬を
飲めません。

便秘は妊娠中だけでなく出産後も続くことが多いのです。
なぜなら、出産後は赤ちゃんに母乳を与えるため水分が奪われます。
このため便秘になりやすいのです。
また、母乳への影響を考え安易に便秘薬は飲めません。

便秘はかなりつらい

便秘にならない男性からするとたかが便秘ですが、実は便秘はかなり
つらいものなのです。

便秘にならない男性にはつらさはわからないものです。
(旦那さんにはわからないので責めないであげて下さい)

なんか、すっきりしないことがずっと続き、お腹も張ったりします。
精神的にもすっきりしない日が続くというのはあまりよくありませんが、
これが妊娠中となるとダブルパンチで「助けて」という状態になります。

妊娠中に市販の便秘薬を飲むのは危険

妊娠中に便秘になるとまさに「助けて」という状態になりますが、
妊娠中も便秘薬を飲んでいる人はいます。

妊娠前から便秘薬を飲んでいたり、知人から「妊娠中に便秘薬を飲んでも
大丈夫」と聞いてです。

実は、妊娠中に市販の便秘薬を購入して飲むということはかなり危険
なことなのです。

医師からの指示であれば、妊娠中であることを考慮された薬がでますが、
自分の判断だとこの考慮はなくなります。

便秘薬にはいくつかの種類があり、市販の便秘薬のほとんどが大腸を
刺激するタイプのものです。

有名なお薬としては、コーラックです。
中には「ソフト」という名前がついて身体に負担がないように思える
薬でも大腸を刺激する成分が入っていたりします。

大腸を刺激するタイプの便秘薬は、子宮を収縮し流産の可能性があります。
当サイトでは、便秘薬の種類についても詳しく説明を行います。

妊婦は身体に負担なく自然にスッキリ

妊娠中に便秘になった場合は、便秘薬を飲んではいけないと思っている
人がほとんどで便秘薬以外の方法でスッキリしようと試みます。

食べ物では、食物繊維を多く含む食べ物やヨーグルトなどを食べます。
しかしながら、食物繊維を多く含む食べ物を食べたぐらいでは
妊婦の頑固な便秘は解消できません。

当サイトでは、便秘を解消するための食べ物をいくつか紹介しています。
食べ物で便秘が解消しない人のためにサプリメントを紹介しています。

サプリメントは、便秘薬のように流産するような可能性はなく食べ物より
効果的に摂取できます。

また、一部のサプリメントでは専門家のサポートを受けることができます。
何か困ったことがあれば相談できるしまさに妊婦にはお勧めです。

あなたにとって少しでもお助けとなりますように。
By 妊婦便秘救助隊より。